フィリピン英会話

フィリピン英会話こそ、日本人向け!


英会話スクールでは、主にフィリピン人を講師に迎えサービスの提供をしているところが多いようです。
これは物価の違いから格安でのサービス提供を実現させる理由のひとつともいわれています。
しかし…「フィリピン英会話は本場では通用しない…!?」と、よくそんな謳い文句を目にする事があります。
本当にフィリピン英会話は通じないのでしょうか?
個人的にフィリピン英会話はメリットも多い学習になると感じています。
ネイティブではありませんが、その分学習者の気持ちをよく理解してくれながら教えてくれる配慮を感じることができるためです。
そしてネイティブ宛らの英会話はまさに講師としては最高、環境的にみても初心者には特におすすめしても良いと思うのがフィリピン英会話です。

フィリピン英会話で気になるのが訛りだといわれています。
たとえば、英語の「R」という発音に関して、アメリカ英語では舌を強く巻いたような音になり、イギリス英語ではかるく巻いた感じ、そしてカナダならその中間になる、といった違いがあるそうです。
それぞれの国々によって特徴がありアクセントやイントネーションが微妙に違うのだそうです。
しかし訛りは個人的にも差があったりするので必ずしもあるとは言い切れませんし講師によっては全く訛りがない方もいたりします。
講師の先生もひとりだけとは限らないので最初は複数の先生から自分に合った人を選ぶといいかも知れませんね!

またフィリピン人講師は近年ひじょうに質が高いといわれており、海外の英会話レッスンなどで比べてもその差は歴然だといわれています。
これは日本の企業努力だともいわれ、継続的なレッスンや受ける側の求めるレベルに限りなく近いところまで達しているというのが理由です。
そういった点からもフィリピン英会話は世界でも通用する!といえます。
たとえイギリス英語だろうとアメリカ英語だろうと100%の英会話をマスターすることは不可能なのです。
我々日本人にとって親しみやすく同じアジア人であるところからも、フィリピン英会話はやりやすいという人も増えているのです。